海外FX

海外FX【スプレッドが広い明確な理由】

更新日:

海外FX スプレッド

FX業者は、大きく日本国内の業者と海外の業者という2つに分けられます。

必ずしも『国内FX業者=〇〇』、『海外FX業者=△△』というようにカテゴライズ出来るわけではありませんが、国内FXと海外FXにはザックリとした違いがあります。

どのような違いがあるのか?その辺を軽く触れた上で、海外FXのスプレッドについて詳しく解説していきたいと思います。

 

国内FX業者と海外FX業者は何が違うの?

先ほどもお話しましたが、FX業者には大きく分けて国内業者と海外業者の2つに分けることが出来ます。

この『国内FX業者』と『海外FX業者』にはどのような違いがあるのでしょうか?

ポイントをまとめてみました。

  1. レバレッジが違う
  2. スプレッドが違う
  3. 売買形式が違う
  4. 追証に対する対応が違う
  5. 税率が違う

細かい違いは色々ありますが、大きくは上記5つのポイントが異なります。

まず、
レバレッジに関しては、国内は最大で25倍と決められています。

一方で、海外FXの場合は、100倍や200倍は当たり前で、888倍、1000倍という業者も存在します。

続いて、スプレッドについて。

スプレッドは、基本的に国内のFX業者が狭く。海外FX業者が広いという統計が取れます。

ただし、
後ほど述べますが、『スプレッドが狭い=稼げるFX口座ではない!!ということをここでは言っておきたいと思います。

 

次は、
売買形態』について。

全ての業者に当てはまるわけではありませんが、国内のFX業者はDD方式というスタイルを採用しています。一方で、海外FX業者はNDD方式というスタイルを採用しています。

難しい言葉の説明は省くとして、簡単に言えば、国内FXの場合は、『インターバンクとお客の売買の間に、FX業者が噛んでいる』ということ。

もっと言いますと、
国内FX業者は、お客が損をすればするほど儲かり、お客が得をすればするほど損をする』ということになります。

 

続いて、
追証』について。

追証とは、追加証拠金の略になります。

FX取引は、自分の手持ち資金以上の資金を持っているかのようにトレード出来ます。

5万円しか証拠金を入れていなくても、100万円もっているかのようにトレードすることができます。

ですが、
トレード自体は出来ますが、大きく儲けることが出来る可能性がある一方で、大きく損をする可能性もあるのです。

そして、
証拠金以上の損失を被る可能性を持っているわけです。

5万円の証拠金に対し、10万円の損失。
証拠金の5万円が消失するだけではなく、追加で証拠金を5万円入金する必要があります。

これが追加証拠金です。

スイスショックやリーマンショック時に、相場が瞬間的に大きく動き、この追加証拠金がものすごい額になったトレーダも数知れずです。

ここからがポイントですが、
海外FX業者の中には、この追加証拠金を一切取らないよ!という業者が多く存在しています。

後ほど詳しく解説いたしますが、ゼロカットシステムという追証が発生しても、追証を徴収されないシステムが構築されているのが海外FX業者の特徴です。(すべての海外FX業者ではありません)

 

最後に『税率』について。

税率に関しては、
全員に共通の模範解答があるわけではなく、最終的には他の事業体における利益等々で変わってきますが、基本ベースとしては、以下のことが言えます。

国内FX場合は、
『申告分離課税』という方式が採用され、所得額によらず約20%の税率になります。

一方、
海外FXの場合は、
『雑所得』に分類されるため、累進課税方式で最大45%の所得税がかかります。

 

国内FXと海外FXには上記のような違いがありますが、この後は、海外FX業者のスプレッドに注目してみていきましょう!

 

人気No.1海外FX口座XMのスプレッドは?

ここでは、
海外FX口座の中でも一番人気のXM(エックスエム)という海外FX業者について説明していきます。

XMのFX口座には、
一般的なスタンダード口座とは別に、【XM Zero口座】という口座タイプが用意されています。

スタンダード口座とXM Zero口座には、どのような違いがあるのか?というと、スプレッドに大きな違いがあります。

ココでは最も需要が大きいであろうドル円(USD/JPY)にフォーカスして説明いたします。

 

ドル円で考えたときのザックリとしたスプレッドは・・・

口座タイプ スプレッド(/pips)
スタンダード口座 1.8前後
XM Zero口座 0.0~0.1

スプレッドがこれだけ小さいのであれば、どう考えてもXM Zero口座でトレードするわ!!となってしまいそうですが、ちょっとしたカラクリがあります。

 

Pips表記じゃ分かりにくい!手数料を日本円で教えて!

実は、
XM Zero口座には、スプレッドとは別名義で手数料というものが存在します。

ドル円の売買をする場合、往復で10ドルの手数料(1ロットでトレードした場合)が必要になります。

1ロットでのトレードを前提として、
スタンダード口座とXM Zero口座での総コストを計算してみると・・・

口座タイプ スプレッド 手数料(/pips) 総コスト
スタンダード口座 1.8pips 0pips 1.8pips(=約1800円)
XM Zero口座 0~0.1pips 1.0pips(→約10ドル) 1.1pips(=約1100円)

※ドル円1ロット分の売買前提

 

この表だけを見ると、XM Zero口座の方が良さそうに見えますよね?

ただし、
上記はあくまでもドル円のみの手数料ですから、他の通貨ペアでは手数料の額が変わってきます。

この辺がちょっとわかりにくい点や、スタンダード口座であれば受け取れるはずのボーナスを一部受け取ることが出来なくなっていますので、必ずしもXM Zero口座が最強!!という風にはなりません。

海外FX口座の中では、国内口座に匹敵するレベルのスプレッドで、最狭ではありますが、スキャルピングやデイトレで1日に何度もトレードする人以外は、スタンダード口座でのトレードをおすすめしたいと思います。

とは言え、
コチラからXMの口座開設を一度行ってしまえば、スタンダード口座もXM Zero口座もどちらも開設することができますから、今すぐ口座開設しておくことをおすすめします。

 


XMの口座開設はコチラから出来ます!

 

 

>> XMの詳しい口座開設方法はコチラ

 

 

期間限定/月収200万円【極秘ノウハウをまとめました!】

XMアフィリエイトで月収200万円を突破した涼花です。 SEOアフィリエイトでは挫折しましたがXMのアフィリは稼げますよ♡
XM アフィリエイト 報酬

涼花が月収200万円を超えたノウハウをまとめました!

>> 【限定・無料】秘密のノウハウ申請はコチラから

-海外FX

Copyright© XMアフィリで平凡主婦がしこたま貯金 , 2019 All Rights Reserved.